« 2015年12月のセッション | トップページ | 2016年2月のセッション »

2016年1月10日 (日)

2016年1月のクラス

皆さん、 明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。
ファシリテーターの岡涼介です。

2016年の初クラスに参加いただき、ありがとうございました!
また、Homework/Assignmentのself-introductionにも積極的に参加していただき有り難うございました。

4月より新しい場所に移ることになりますので3月は2週が真砂コミュニティーでの最後になる予定です。
代わりに3月の第4週は上野の美術館での英語ツアーを予定しています。

また、鳥居さんと話をして少し遠くはなりますが4月からは新しいコミュニティーセンターでまずは開催をしようと考えています。

*2015年分のペルーへの寄付金はドル建てでの振り込みになるので詳細などを確認してから対応をするのでもう少しお待ちください。

 


school 次回のミーティング:
1月24(日) [Mr. Toriil] 1月14(日曜)[Mr. Oka] (通常,2週目が岡(涼介)で、4週目が鳥居さんです)
moneybag 義援金の累計(2016年):¥
* World vison の毎月のスポンサー料と部屋代などをを差し引いた累計


それでは今月の復習です。

[ 役立つフレーズ ]
*今週は発音のビデオ
Beach - Bitch , Feel - Fill , Leave - Live など

[ Quiz の回答 ]
Q1. Charo hears a deep voice (behind) (him).
チャロは後ろから低い声を聞いた。

Q2. You took Shota (away) (from) hospital, didn’t you?.
アナタが翔太を病院から連れて行ったんでしょう、違う?

Q3. You? You think you could (take) him (back)?
キミが?キミは彼を連れ戻せると思っているの?

Q4. Is (it ) (possible) to take Shota back home?
翔太を家に連れて帰ることはできる?

[ Useful Expression ]

1. Trying to save Charo, Shota suffered a deadly injury.
チャロを助けるために、瀕死の怪我を負った翔太。

2. Without thinking, Charo followed him and unknowingly entered the Middle World.
夢中で、チャロは彼を追い、知らないうちに Middle World に入っていた。

3. Charo finds himself in a strange world. Buildings of different colors stand in rows.
チャロは不思議な世界にいる自分を感じた。様々な色のビルが建ち並んでいる。

4. Charo turns around to see the birdlike creature that took Shota’s soul.
チャロが振り返ると翔太の魂を取った鳥のような生き物だった。

5. You took Shota away from the hospital, didn’t you?
アナタが翔太を病院からさらったんでしょう?

6. You followed the boy and made it through…It’s incredible.
キミは少年を追ってここまできたのか。。。驚いた。

7. You are mistaken. It was not I brought Shota to the middle world. It was his destiny. I merely guided him on the way.
キミは間違っている。翔太を連れてきたのは私ではない。彼の運命だ。私はたんに彼の道案内をしただけだ。

8. This is the gateway to the world of the Dead. Some souls hesitate to enter the World of the Dead.
ここは死の国に通じる所。死の国に入ることを躊躇う魂がいるところ。

9. He is not yet dead. His body is still alive. Something ties him to the world of living.
彼はまだ死んでいない、体は生きている。何かが彼を現世につないでいる。

10. He got hurt protecting me. I have to help him.
彼は僕をかばって怪我をした。だから、彼を助けたいんだ。

11. I have been in the Middle World for many ages, but I have never met anyone like you.
私はここに長くいるが、キミのようなものには初めて会った。

12. It is not impossible… not for you, perhaps. But let me warn you.
不可能ではない、キミにはな、多分。しかし警告しておこう。

13. Lose your way and you may lose your life as well. Do you still want to go on?
失敗すると、キミも命を失うよ。それでもまだやる気?

14. Charo’s eyes show strength, the strength to act on his beliefs.
チャロの目が強さを見せた、彼の信念を貫く強さを。
15. Once it turns completely black, you can never return to the World of the living.

完全に真っ黒になってしまったら、キミは現世に戻れなくなってしまう。
16. So I need to get Shota back before it turns black.
これが黒くなる前に、翔太を取り戻さないといけないんだね。

17. Do not thank me, little dog. We do not yet know if you will live or die. Come with me.
礼はいらない。我々はまだキミが生きるか死ぬか分からない。来なさい。

18. After a moment’s thought, Charo follows in silence. It seems he has made up his mind. 
少し躊躇ったが、チャロは黙ってついていった。彼は意思を固めていたようだ。


最後に Shadowning で使った VOA learning English の Web site URL を紹介しておきます。
http://learningenglish.voanews.com/


では、また来週!

« 2015年12月のセッション | トップページ | 2016年2月のセッション »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514296/63400429

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年1月のクラス:

« 2015年12月のセッション | トップページ | 2016年2月のセッション »