« 2016年10月のセッション | トップページ | 2016年12月のセッション »

2016年11月 5日 (土)

2016年11月のセッション

こんにちは、ファシリテーターの岡涼介です。

今後のクラスではアウトプットに重心を置くクラスといつもどおりシンプルな文を使えるようになるインプットを混ぜて変化のあるクラスにしていきたいと思います。

次回の講座は11月19日(第3土曜)です。

hotel次回のミーティング:
11月19(土) [Mr. Torii/Oka] 12月3(土)[Mr. Oka/Torii] (通常,1週目が岡で、3週目が鳥居さん)

moneybag義援金の累計(2016年):¥
* World vison のスポンサー料と部屋代などの経費を引いた累計

それでは今週の復習です!

pencil Useful phrase :"Back to square one"
It means you have to start over on something.

例文:
W: I am not having a good day.
M: I am sorry to hear that. What happened?
W: My boss did not like my video project. She told me to redo it. So now I have to go back to square one!

Keywords: redo (やり直す), square (四角形、盤上の1マス)

pencil Useful Expression :
1. You are his mother, aren’t you? Why don’t you tell him.
アナタは彼ののお母さんでしょう?何で言ってあげないの。


2. She gazes upon the sleeping XXX with sadness in her eyes.
彼女は寝ているXXXを悲しそうな目で見た。


3. If XXX knew I was his mother, he would follow me into the World of Dead. He’s a very emotional boy.
私が彼のお母さんだと知ったら、死の世界についてくるかもしれない。情に篤いので。。


4. I see. You want your son to live, so you hide your identity from him.
なるほど。君は息子を生かすために名乗れないということだね。


5. That band used to be mine. I gave it to XXX. It’s his only memento of me.
あれは元々私のもの。私がXXXに残した唯一の形見。


6. It’s okay if he doesn’t know me as his mother. I just want him to grow up strong and live his own life.
彼が私を母だと知らなくてもいい。彼が自分で人生を力強く生きてくれれば。


7. That must be a tough choice. Yes, but that’s the way it has to be.
辛い選択だな。はい、でもそれが運命なので。


8. XXX asks many people throughout the day, but learns nothing of Shota. Another wasted day.
XXXは一日中たくさんの人に聞いて回ったが、何も得られなかった。今日もダメだ。。。


9. You try so hard every day. Why don’t you take a day off?
君は毎日頑張っているね。一日ぐらい休んだら。


10. But you will wear yourself out. Let me look for Shota for you.
でもアナタが疲れ果ててしまう。私に翔太を探させて。


11. Please stay out of it, XXX. I have to find XXX on my own.
手を出さないで、XXX。自分で探さないといけないんだ。


12. Thank you, XXX. But it’s my responsibility. It was XXX who found me when I had no one.
有り難う、XXX。でも、僕の仕事だから。僕が捨てられた時にXXXが拾ってくれたんだ。


13. This band is a symbol of our friendship. XXX gave it to me.
このバンドは僕らの友情の証なんだ。XXXがくれたんだ。


14. XXX is limping a little. Perhaps his feet hurt. Nevertheless, he is healthy and full of energy.
XXXは足を少し引きずっていた。多分、足が痛むんだろうがとても元気だった。

« 2016年10月のセッション | トップページ | 2016年12月のセッション »

ホット・トピック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1514296/68268985

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年11月のセッション:

« 2016年10月のセッション | トップページ | 2016年12月のセッション »